2019鮎友釣り釣行記録 [ 釣行記録メイン ]  ▲HOME  

釣行河川: 上桂川(京都府) 釣行日: 2019年06月22日(土) 07:10〜18:00
釣行回数: 5回 釣果: 46尾 累計: 159尾 時速: 4.38(尾/時間)
天気: 晴時々曇 気温: 水温: 20℃ サイズ: 12cm〜20cm
河川状況: ほぼ平水,濁り無し
仕掛(竿): 銀影競技スペシャル TYPE S 90
仕掛(糸): ナイロン0.175
仕掛(針): V5:6.5号3本錨,一角:6号4本錨,韋駄天:7号4本錨,キメラ:6.5号4本錨
内 容:
今日は夏至,日中の時間が一番長い日。
しかし毎年ながら梅雨の時期にあたり曇りの日が多く実感が無い。
解禁から一週間も経つと良さそうな瀬はかなり厳しいので,あまり長い時間をかけても数は稼げないと考えてポイントを適度に変える必要がありそう。
橋の橋脚の掘れこみからスタート。今回からオトリ一尾なので弱らせないよう早く天然に変えなければというプレッシャーもある。5分ほどで変わったので安心。数尾追加できたので場所を周辺に切り替える。
何時もならかけあがりで掛かるのだが掛からず。
下の瀬は数名居るのでさらに下流へ移動。かなり小石で埋まってしまって浅くなっている。
所々大石がありその石裏から下流は少し掘れて粗い石が結構並んでいた。
その周辺で拾い釣りをしていく。午前中とあってか水温もあまり上がっていないのかチャラ瀬ではほとんど掛からない。
昼頃になって橋の上流のトロ場に移動。
昔はよく掛かったのだが数尾追加したのみ。さらに上流へいくと小石底で浅いトロとチャラ瀬一面でほとんどの釣り人がやる気が起こらない場所。
とりあえずチャラ瀬でやってみる。しばらくするとグルンと横に走る感触が竿に伝わる。
黄色いオトリには丁度良いサイズ。まさかと思い周辺で入れ掛は無いものの適度に掛かる。
これから水温が上がるとさらにアユがさしてきてもっと掛かるような気がしてきた。
7月以降でトロや辺地で掛かるようになってきたら楽しみ。
風が強く肌寒い日だった。