ひとりごと

HOME
過去記事:
最新10件をPDFとして出力することができます ⇒ [ PDF出力 ]



ページ:  prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 next ( 139件中... 121〜130件表示)

懐かしい昭和の頃 2009/01/24

自分はまったく覚えていないが幼い頃の写真。昭和の時代で写真が白黒なのがまた味がある。
背景には今では見られないものまであります。あの頃は丸々太ってたんだ。

心地良い揺れ 2009/01/21
鮎太郎を車に乗せることが何回かあったが,泣くのではないかと不安があった。しかし,車が走り出すと泣き止み暫くすると寝てしまうとパターンが多い。

昔!?,扇風機に1/f(えふぶんのいち)ゆらぎを謳ったものがあったのを記憶している。この1/fとは揺れの強度が振動数に反比例していることを意味?してる。一般には1/fノイズ或いはピンクノイズとも言われている。よく知られているのはすべての範囲で一様な強度を持つものにホワイトノイズというものある。オーディオでは音の周波数特性を評価するのに必要なノイズとなる。
話が逸れてしまったが,
1/f ゆらぎが 人間にとって心地よい揺れなのか?
車や電車等の揺れがその 1/f の揺れ に近いのかもしれない。

懐かしいブランド名 2008/12/27
自分が学生時代の頃はオーディオに興味があって自分で働き出して給料を貰うようになったら買えるかなと思っていたことを思い出す。
Technics, Lo-D, DIATONE など… 特にスピーカについては,直径30cm前後のウーハのある3ウェイが欲しいなと思っていたが,今どきそんなのは見当たらない。あのウーハから出る聞こえるか聞こえないかの重低音は楽しめないのか?
DIATONEも無くなったと思っていたが復活したらしく,ただ一本100万するのしか無い。
あ〜,あの頃はそれなりにおもろかったのに…。

液晶ディスプレイ 2008/12/20
今,液晶ディスプレイの高解像度で大きな画面で価格がかなり安価となってきました。20年ほど前では予想もしなかった技術の進歩です。その当時,学んだのはガラスの面に透明の導電性の膜を施し,液晶をサンドイッチ状に挟んで電圧を印加すると,偏光フィルターを通して観測すると,縞模様ができることが発見された。その発見した人の名前でしょうけど,ウイリアムズ・ドメインと呼んでた。その発見から時計や簡単な白黒表示に使われだした。その後カラーディスプレイが出始めたが,大型化するには歩留まりが悪く価格も高かった。
時代が進み,気付けばブラウン管のテレビが電気店では殆んど見られない。
同じような感じになっていくのかまだ判らないけど,今後期待しているのが有機ELディスプレイです。液晶に比べバックライトが不要なのが利点。しかし寿命の点ではまだのようだけど・・・
そのうち主流は有機ELになるのかな?

スノコで快眠度UP!? 2008/12/15

僕は汗かきなほうなのか,布団はベッドでなく床に敷くタイプなのだが,床が畳でなくフローリングのこともあって朝起きると敷布団と床との間に汗の蒸気が冷えて薄っすら濡れている。そうすると長い間使ってると汚れが目立ってくる。これから寒くなってくるとさらに大変だ。
しかし,スノコがあると聞き早速試してみると快適なようです。これで快眠度UP。

SSDで6W軽減 2008/12/14

昨日,DELL PowerEdge SC420の電源交換とハードディスクをSSD 32GBの物に交換した。
OSに Fedora 10 (Free) をインストール。ネットワーク設定でちょっとてこずったけど動作するようになった。

消費電力をワットチェッカー(サンワサプライ製)で測定してみると,アイドリング状態で以前は 67W であったが,改造後 61W と6W軽減できた。月に換算すると約110円前後の節約となる。

Linux で自分のページを見る(Firefox)とレイアウト崩れが見つかったので若干変更してみた。

サーバの設定をしていくつもり・・・

PC改造 2008/12/14

サーバ用に使用していたPC(DELL PowerEdge SC420)の電源の空冷ファンの音がしてきてファンがいつ壊れてもおかしくない。
ファンだけを交換しようと分解したがかなりしんどそう。
それではと,電源ユニットごと交換と思ってATX用の物(SUNTRUST製STSPP-450)を買ってきたが電源コネクタと電源切り替えスイッチの位置がオリジナルと異なり現状では取り付けられない。
昨日,ホームセンターで電動ドリルとヤスリ等を買って早速改造。やっと何とか取り付けられた。

現在は別のPCでサーバを運用しているが,その電源ファンも時折うなっているので,これまた交換しなければならないがDELLのPCの様に加工する必要は無さそう。

SSD 2008/12/10

SSD(Solid State Disk)というのを購入。今後,PCなどで使用されるであろうハードディスクなるものです。現在の主流はHDDといわれるもので容量もテラバイトまできています。ただ,このHDDは中で物理的に高速回転しているのでそのうちガタがきたりヘッドが傷んだりとすると終わりです。衝撃や振動に弱い。
それに変りSSDは機械的稼動部分が無いため信頼性が高くなります。ただ,書換回数がHDDに比べ低いとされています。
高速・低消費電力という利点もあるそうなので今後期待されるデバイスです。
もう既にノートパソコンなどに使われています。
自分はまずサーバのHDDをSSDに変更予定で準備を進めています。32GBで1万円前後,64GBで2万前後となっています。
SSDの殆んどは2.5"なのでノートPCならサイズ的に問題は無さそうですが,タワーPCでは2.5"=>3.5"変換マウンタが必要になります。

桂川 2008/11/29

『雍州府志(ようしゅうふし)』には
大井川の末流であり,河の西に桂の里があるので嵯峨より南を桂川というそうです。元は葛野川(かどのがわ)といってたような。

京都の気温をFFTに変換 2008/11/23

大学の頃にフーリエ変換(FFT:Fast Fourier Transform)なるものを学んだっけ?
通常は時系列データが多いのですが,これを周波数の関数として変換することなんです。色んな周波数を持つ波の合成として考えているもので,身近なものではオーディオで音の周波数成分毎に強度を表示するスペクトルアナライザーですね。
調べる物として何かデータがないかなと探してたら,ここ10年程前から気温のデータが一時間毎に測定されています。
とりあえず,京都市の2000年〜2007年分のデータをFFTにかけてみました。すると当たり前というかはっきりというか幾つかの周期(周波数の逆数)が見つかります。

 * T1 = 8765.875 [時間] => 8765.875/24 => 365.2 [日]
 * T2 = 24.0 [時間]
 * T3 = 12.0 [時間]
 * T4 = 8.0 [時間]
 * T5 = 6.0 [時間]

365.2日という周期がでましたね。あまりにも明確に出ていたので驚きです。後の細かな周期は季節による変動の差なのでしょうか?
フーリエ変換で地球の自転・公転に寄る気温の周期が判るのでしょうかね?

ページ:  prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 next ( 139件中... 121〜130件表示)